東北学院幼稚園

ブログ

令和元年度第58回卒園式が行われました

2020年03月17日

K200317-1_2.jpg 3月16日(月)、幼稚園ホールで第58回卒園式が挙行されました。
 コロナウイルス感染症の影響で一部縮小して行うため、式に先立ち島内久美子教頭が「コロナウイルス感染症の影響で、園児たちはこれまで一度も卒園式の練習を行えておりません。園児たちは友達と久しぶりに会うため気持ちが高揚して、式がスムーズに進行できない場合もあるかと思いますが、ご了承いただければ幸いです」と保護者へ挨拶をしました。
 本番の保育証書授与式が始まる前に、先生が見本として受け取り方のお手本を示しました。授与式が始まると、園児たちは大きな声で「はい!」と返事をして、たくましく成長した子どもたちの姿を見て、保護者の方々は目に涙を浮かべる場面もありました。阿部正子園長は「ご卒園誠におめでとうございます。練習を一度もしていないのに、立派な姿を見せてくれました。とても嬉しく思います。これからみなさんは新しい未来に向かって一歩を踏み出します。地の塩、世の光として活躍できるように、ずっと皆さんのことを応援しています」と園児たちにエールを送りました。
 松本宣郎院長、小鷹真紀PTA会長の祝辞のあと、卒園児56名が「卒園式の歌」を元気にうたい、式は終了しました。
 コロナウイルス感染症の影響で3月のお誕生会開催ができなかったため、式のあとにお誕生会も開催。最後は先生方が手作りしたゴールドメダルを卒園児全員にプレゼントしました。退職される阿部正子園長にもゴールドメダルと花束が贈呈され、東北学院幼稚園に在職した14年間の思い出を振り返りました。「とてもとても幸せな年月を過ごさせていただきました。保護者の方々には心より感謝申し上げます」と締めくくり、会の一切が終了しました。

K200317-1_1.jpg K200317-1_3.jpg K200317-1_4.jpg
K200317-1_5.jpg K200317-1_7.jpg K200317-1_8.jpg